龍泉寺自然を守る会の活動

2019年度の活動報告

2019年4月8日 湿地の池、溝、水溜り、泥の中にどのような生物が棲んでいるか調査したことがありませんでした。龍泉寺の生物多様性を解説するデータを得るために水辺の生物調査をおこないました。
捕獲した生物が何であるか同定できないので、岡山自然保護センターなどで講師をされている山田勝先生にご指導をお願いしました。

トンボ池湿地の溝を探索するメンバー

捕獲した生物の同定、先生から解説


種々のヤゴ、オタマジャクシ、エビ、メダカ、ドジョウ、甲虫などを捕獲しました。観察ケースに入れて、先生から種名と識別の特徴を教えていただきました。確認を終えた生物は元の場所に返しました。
龍泉寺の湿地の周辺で多くのトンボを見かけます。トンボは成虫の期間より幼虫で水辺で生活する期間のほうが遥かに長く、湿地を維持し後世に残す重要性がここにもありました。
大変有意義な一日でした。

2019年4月6日 次年度の事業計画を決める総会を開きました。
昨年まで5年間に続けてきました子供連れ家族を対象にした「紅葉スタンプラリー」は大変講評でしたが、運営に必要な約50人のスタッフの確保は難しく昨年度を持って終わりとしました。
龍泉寺の自然を守る会の10周年記念として、電子書籍「岡山市の小さな自然再生~龍泉寺の自然を守る会10年の歩み(仮題)」を1年をかけて会員の手作りで制作致します。
この書籍の企画は、“岡山県民の皆様に身近に豊かな自然が残されていることを知っていただき、地域の皆様が担い手になって次世代に渡って貴重な生物が保護されていくこと”を期待しています。





活動実績

今年度の活動報告

2018年度活動実績

2017年度活動実績

2016年度活動実績

2015年度活動実績

2014年度活動実績

2013年度活動実績

2012年度活動実績

活動の歩み (2008~2011年度)

2019年度の活動予定

1.イベント行事

・トキソウ観察会(5月)

・ハッチョウトンボとノハナショウブ観察会(6月)

・サギソウ観察会(8月)

2.湿地の管理

・湿地の水位の管理

・湿地の見回り

3.湿地の下草刈り

・ササの刈り取り(6月)

・遊歩道周辺の草刈り(8月)

・湿地の草刈り・搬出・運搬(12月)

4.こい岩湿地の木道橋の付替え

・桧皮はぎと防腐剤塗布

・こい岩湿地の木道橋の付替え(ニ次)

5.見学者のアテンド

・トキソウの見頃時期

・サギソウの見頃時期

・随時

6.湿地の外来植物を除去(随時)

7.会員の親睦会(3月)

8.電子書籍制作

ページトップへ